アベノミクス支えた「未来投資会議」廃止、「成長戦略会議」新設へ…西村再生相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西村経済再生相は9日の閣議後記者会見で、安倍内閣で成長戦略を議論するために創設された「未来投資会議」を廃止すると表明した。今後、加藤官房長官をトップとする「成長戦略会議」を設置する方針で、民間の有識者も参加する。

 未来投資会議は2016年に設置された。議長は首相が務め、毎夏に「成長戦略実行計画」をまとめるなど、安倍氏の経済政策「アベノミクス」を支えてきた。7月にはメンバーを拡充し、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた今後の政策について議論を開始していた。

 未来投資会議を巡っては、運営に関与する経済産業省の意向が色濃く反映されてきたとの指摘もある。菅首相は会議をスリム化して、少人数で活発な議論を行いたい考えとみられる。

 西村氏は「経済財政諮問会議が総司令塔で、改革のテーマの具体化を成長戦略会議で行う。検討してきた具体的な項目は原則として新しい会議に引き継がれる」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1533616 0 経済 2020/10/09 13:33:00 2020/10/09 13:33:00 2020/10/09 13:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ