トランプ氏「大きな規模だ!」、追加経済対策を増額…民主党案と依然隔たり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は9日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する米国の追加経済対策について、トランプ政権がこれまでより2000億ドル多い1・8兆ドル(約190兆円)規模の案をまとめたと報じた。

 トランプ米大統領は「(野党・民主党との)交渉は進展している。大きな規模だ!」とツイッターに投稿し、追加対策の実現に意欲を示した。

 ただ、2・2兆ドル規模を求める民主党の案とは依然として隔たりが大きく、合意できるかは不透明だ。トランプ政権の高官によると、1・8兆ドルとする新たな案には、航空会社や中小企業向けの支援などが盛り込まれているという。

 トランプ氏は6日、民主党との協議を11月の大統領選後まで先送りすると表明したが、これを受けてニューヨーク株式市場でダウ平均株価(30種)が下落したため、交渉を続ける姿勢に転換。期限が切れていた航空会社と中小企業向け支援などを先行して実施するよう議会に呼びかけていた。

無断転載・複製を禁じます
1536857 0 経済 2020/10/10 10:02:00 2020/10/10 10:18:27 2020/10/10 10:18:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ