読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

10月増税の「第3のビール」、9月は駆け込み需要で18%増

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ビール大手4社が12日発表した9月の販売実績によると、ビール系飲料の販売量は前年同月比7%減だった。10月の増税前の駆け込み需要で第3のビールは18%増となった一方、コロナ禍で飲食店向けの低迷が続くビールは30%減と大幅に減り、明暗が分かれた。

 メーカー別の販売数量では、サントリーが4%増、キリンが4%減、サッポロが7%減だった。サントリーは第3のビール「金麦」の売り上げが好調だった。特に糖質75%オフの商品は前年同月に比べ4割近く増えた。キリンの「本麒麟きりん」は3か月連続で月間の最高販売数量を更新している。

 一方、ビールの売り上げは、アサヒの主力「スーパードライ」が32%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がり、飲食店向けの業務用を中心に売り上げ低迷が続いている。

無断転載・複製を禁じます
1541544 0 経済 2020/10/12 17:37:00 2020/10/12 21:19:14 2020/10/12 21:19:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)