読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

埼玉高速鉄道、マスク付き一日乗車券5670(コロナゼロ)枚販売

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉高速鉄道(SR)は、鉄道の日(10月14日)を記念した「2020鉄道の日 記念一日乗車券」の販売を始めた。記念一日乗車券1枚につき、同社のロゴなどが印刷されたマスク1枚が付く。計5670枚を販売する。

 鉄道の日は、1872年10月14日に新橋―横浜間で日本初の鉄道が開通したのを記念して定められた。

 記念一日乗車券は来年3月31日までの1日限り有効で、浦和美園駅(さいたま市緑区)―赤羽岩淵駅(東京都北区)間での乗り降りが自由にできる。例年の販売数は3000枚だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大が終息するよう願いを込め、5670(コロナゼロ)枚に拡大した。

 マスクはウレタン製で、黒と白の2種類。いずれも同社のロゴが印刷されており、白いマスクには電車のイラストもあしらわれている。担当者は「人が集まる電車の利用に不安を感じている方もいると思うが、安心して乗車いただくきっかけになれば」と話している。

 1枚580円。赤羽岩淵駅を除く各駅で購入できる。問い合わせは旅客課(048・878・6855)へ。

無断転載・複製を禁じます
1553061 0 経済 2020/10/16 12:57:00 2020/10/16 12:57:00 2020/10/16 12:57:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)