ジップエア、旅客便が就航…初便は乗客2人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

祝福の放水を受けて出発するジップエア初の旅客便(16日、成田空港で)=尾藤泰平撮影
祝福の放水を受けて出発するジップエア初の旅客便(16日、成田空港で)=尾藤泰平撮影

 日本航空傘下の格安航空会社(LCC)「ジップエア トーキョー」は16日、新型コロナウイルスの影響で延期していた成田―ソウル線の旅客便運航を始めた。2018年の設立以来、同社が乗客を運ぶのは初。

 機体は午前9時25分頃、就航を祝う放水車の水を浴び、社員約30人に見送られながら成田空港を飛び立った。一時帰国で利用する韓国籍の女性(27)は「新しくスタートする航空会社の最初の飛行機に乗れるのは感激」と話していた。

 初便の乗客は2人。運航は週2往復で、25日からは週3往復にする予定だ。韓国との間で8日からビジネス関係者らの往来が再開されたこともあり、一定の需要が見込めると判断した。

 同社は準備期間を経て当初、5月にバンコク線、7月にソウル線の旅客便就航を計画していたが、感染拡大に伴う入国制限などを受け、両線を貨物便として運航。客室乗務員(CA)が機内食提供などの訓練を重ね、旅客便就航に備えてきた。

 出発前の式典で西田真吾社長は「旅客便の就航まで第4コーナーを回ったところで困難に直面したが、社員とともに乗り越えることができた」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1552931 0 経済 2020/10/16 11:51:00 2020/10/16 14:55:24 2020/10/16 14:55:24 社員に見送られながら成田空港を出発した、ジップエア初の旅客便(16日、成田空港で)=尾藤泰平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201016-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ