iPhone12の価格出そろう…auとソフトバンクは実質半額、乗り換えならドコモ最安

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社による米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」の販売価格が出そろった。高速・大容量通信規格「5G」に対応するなど機能が充実したが、従来の「11」に近い価格にして、消費者への普及を優先した。

 3社とも16日から予約を開始した。各社とも一定の割引を活用すれば、本来の端末価格から3~5割程度安くなる。

米アップルの新型スマートフォンiPhone「12」シリーズ(同社提供)
米アップルの新型スマートフォンiPhone「12」シリーズ(同社提供)

 「12」の64ギガ・バイト(GB)を新規契約で購入する場合、各種割引を適用した後の実質負担額は、ドコモが税込み6万7584円、KDDI(au)が5万5430円、ソフトバンクが5万5440円となった。KDDIとソフトバンクでの実質負担額は、本来の半額程度となる。

米アップルのiPhone12シリーズ(同社提供)
米アップルのiPhone12シリーズ(同社提供)

 ただ、他社からの乗り換えの場合は、ドコモが5万2928円で最も安くなる。国内シェア(占有率)を落としつつあるドコモは、他社からの顧客獲得を強く意識した体系を打ち出した。

残り:444文字/全文:857文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1554633 0 経済 2020/10/16 21:50:00 2020/10/17 12:45:17 2020/10/17 12:45:17 記者会見に臨むKDDIの高橋社長(東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201016-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ