米財政赤字、前年度の3・2倍に急増…コロナ対策で過去最悪の赤字幅に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米財務省は16日、2020会計年度(19年10月~20年9月)の財政赤字が3兆1320億ドル(約330兆円)となり、前年度(約9800億ドル)の3・2倍に急増すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う総額3兆ドル規模の経済対策で歳出が膨らんだことが主な要因だ。リーマン・ショック後の09年度(約1兆4000億ドル)を大幅に上回り、過去最悪の赤字幅となる。

 新型コロナ対策として実施した現金給付や失業者支援、中小企業支援などで、歳出は前年度比で約1・5倍の6兆5520億ドルとなった。これに対し、歳入は景気低迷に伴う法人税や所得税が減少し、1%減の3兆4200億ドルだった。

 米財務省は例年、国内総生産(GDP)と比べた財政赤字の水準を公表しているが、今回は経済の変動が大きいとして見送った。国際通貨基金(IMF)は、米国のGDP比で見た財政赤字の割合は、20年は前年から12・4ポイント高い18・7%、対GDP比の政府債務残高も22・5ポイント高い131・2%になると見込む。

 11月投票の米大統領選では、共和党のトランプ大統領、民主党のジョー・バイデン前副大統領ともに景気回復に向けた財政出動を主張している。そのため、財政再建には期間を要するとの見方が強い。

無断転載・複製を禁じます
1555397 0 経済 2020/10/17 08:59:00 2020/10/17 08:59:00 2020/10/17 08:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ