1号店がマックより1年早かった日本初のハンバーガーチェーン、今は27店舗

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本初のハンバーガーチェーンとして、誕生50年を迎えた「ドムドムハンバーガー」。ゾウのマークに赤い看板、どこか懐かしみのある店構え。兵庫県内にも多数の店舗が存在していたが、現在はどうなっているのだろうか。(諏訪智史)

■マックより先

神戸市内唯一のドムドムハンバーガー湊川店。ゾウのマークは健在だ(神戸市兵庫区で)=八木良樹撮影
神戸市内唯一のドムドムハンバーガー湊川店。ゾウのマークは健在だ(神戸市兵庫区で)=八木良樹撮影

 1975年にオープンした「ドムドムハンバーガー湊川店」(神戸市兵庫区)は、神戸市に現存する唯一の店舗だ。

 「決まった時間に利用するお客様が多く、顔を見ただけで注文するメニューがわかる方もいる」。店長の上田浩之さん(57)がそう教えてくれた。常連客を中心に1日70~80人が訪れる。女性客(69)は「昔から手頃な価格で入りやすい。休憩するのにちょうどよく、今日も2回目です」と笑顔を見せた。

 ドムドムはダイエー創業者・中内功氏の思いで始まった。ファストフードの成長性に注目し、米マクドナルドと交渉したが決裂したため、自社のハンバーガーチェーンとして、70年に東京・町田市に1号店を出店。マクドナルドの国内1号店(東京・銀座)より1年早かった。

 ダイエーの経営理念「よい品をどんどん安く」に由来する店名は、当初「ドンドンハンバーガー」とする予定だったが、「ドンドン」が商標登録されていたため、「ドムドム」になったと伝えられる。

■相次ぐ閉店

 開業時は、ハンバーガーが国内に定着しておらず、焼きそばやスパゲティが売られていた時期もあった。

 子どもに人気のゾウ(どむぞうくん)をマスコットにし、手頃な価格や「お好み焼きバーガー」などの独自メニューが人気を集めた。ダイエーの新規出店にあわせ店舗は増え、1990年代半ばには全国で約400店舗となり、ダイエー本店のある神戸市に23店舗、県内には計34店舗あった。

 その後、ダイエーの経営危機などで閉店が相次ぎ、2017年、ホテルなどを経営するレンブラントホールディングス(神奈川県厚木市)に事業譲渡され、現在は同社傘下のドムドムフードサービスが経営する。

 この間、不採算店舗などの整理が進み、現在は全国27店舗。県内は神戸、宝塚、姫路各市の3店舗だけだ。

■ファンクラブ

 近年は新商品を打ち出すたびにSNSで話題になる。

売り切れが続出した「丸ごと!!カニバーガー」(ドムドムフードサービス提供)
売り切れが続出した「丸ごと!!カニバーガー」(ドムドムフードサービス提供)

 昨年、東京・六本木のイベントで、殻ごと食べられるカニ1匹を挟んだ「丸ごと!!カニバーガー」をPRしたところ、「インスタ映えする」と話題になった。今年9月から全店舗で販売(税込み990円)し、売り切れが続出したという。

 関西を中心に活動する非公式ファンクラブ「ドムドムFC連合協会」の通称「けんちん」さん(男性)は16年1月、知人の勧めで久々に訪れたドムドムのとりこになった一人だ。

 店ごとに異なるメニューが気になり、10か月かけて当時あった全国69店舗を「制覇」。その魅力を「ギョーザやイカげそのバーガーもあり、『挟めるもんは何でも挟む』がドムドムの精神」「大阪や和歌山には家族経営の店舗も残っていて、懐かしい雰囲気を感じさせる」などと語っている。

売れ行きが好調な50周年記念のトートバッグ(ドムドムフードサービス提供)
売れ行きが好調な50周年記念のトートバッグ(ドムドムフードサービス提供)

 どむぞうくんをあしらったグッズの売れ行きも好調で、ドムドムフードサービスの藤崎忍社長は「日本初のハンバーガーショップとしての誇りを持ち、型にはまらないメニューを開発していきたい」という。

 独自路線を突き進むドムドムは、今も根強い人気を誇っている。

無断転載・複製を禁じます
1559484 0 経済 2020/10/19 12:06:00 2020/10/19 17:41:09 2020/10/19 17:41:09 1975年開店のドムドムハンバーガー湊川店。ゾウのマークがシンボルだ(神戸市兵庫区で)=八木良樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201018-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ