「乗りたいけど行けない」に応えて…車体にHYDEさん写真、特急が運行延長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 南海電鉄は、人気ロックバンド「L’Arc~en~Ciel(ラルク・アン・シエル)」のボーカルで、和歌山市出身のHYDEハイドさんの写真を車体にプリントした特急列車「HYDE サザン」の運行を、来年秋頃まで延長すると発表した。当初は今年10月までの予定だったが、続行を望むファンの声に応えたという。

 HYDEさんは2019年1月に市ふるさと観光大使を委嘱され、同年12月から今年10月までの予定で運行が始まった。当初の運行期限が迫る中、ファンから南海電鉄に「新型コロナウイルスの影響で、乗りに行きたいけれど行けない」といった声が多数寄せられたという。

走行する「HYDE サザン」=南海電鉄提供
走行する「HYDE サザン」=南海電鉄提供

 そこで、HYDEさんの事務所に延長を打診したところ、快諾が得られた。来年10月にソロ活動開始から20周年を迎えるのに合わせ、期間は来年秋頃までとしたという。

 列車は定期検査のため運休中で、11月12日に再開する。区間はこれまでと同じ南海難波駅―和歌山市駅・和歌山港駅間。

無断転載・複製を禁じます
1557343 0 経済 2020/10/18 10:34:00 2020/10/18 11:04:16 2020/10/18 11:04:16 走行する「HYDE サザン」(南海電鉄提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201018-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ