読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

先頭車両に丸み、リニア改良型が試験走行…空気抵抗13%下がる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

リニア中央新幹線の改良型実験車両
リニア中央新幹線の改良型実験車両

 JR東海は19日、リニア中央新幹線の試験車両「L0(エル・ゼロ)系」改良型の試験走行を、山梨リニア実験センターで報道陣に初公開した。先頭車両の空気抵抗を従来よりも約13%下げ、消費電力や車外騒音を減らしている。

 初代の車両に比べ、先頭車両の先端に丸みを持たせたほか、滑らかな空気の流れを青の流線デザインでイメージした。当初は今年5月から実験を始める予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で、8月に遅れた。

 この日は報道陣向けの試乗会も行われ、走行開始からまもなく時速500キロ・メートルに到達。終点まで約43キロ・メートルを8分程度で駆け抜けた。リニアは2027年の品川―名古屋間の開業を目指しており、改良を続ける考えだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1561176 0 経済 2020/10/19 23:35:00 2020/10/20 00:09:42 2020/10/20 00:09:42 公開されたリニア中央新幹線の改良型実験車両(19日、山梨県内で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201019-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)