読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

金融庁、東証に立ち入り検査へ…システム障害「自動バックアップ機能5年間オフ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京証券取引所で今月1日に発生したシステム障害を受け、金融庁は19日、東証に立ち入り検査を実施する方針を固めた。原因を詳しく調査するとともに、内部管理体制についても点検する。検査結果を基に、業務改善命令などの行政処分を検討する。

システム障害の再発防止策についての記者会見に臨む東京証券取引所の横山隆介常務執行役員=大石健登撮影
システム障害の再発防止策についての記者会見に臨む東京証券取引所の横山隆介常務執行役員=大石健登撮影

 金融庁は2日、東証と親会社の日本取引所グループ(JPX)に対し、金融商品取引法に基づく報告徴求命令を出した。東証は16日にトラブルの原因や再発防止策を盛り込んだ報告書を提出したが、金融庁はさらに詳しく調べるため、関係者に聞き取りを行う必要があると判断した。

 東証の独立社外取締役で構成する調査委員会も、原因を調べている。金融庁は、調査委の調査結果も踏まえ、処分内容を判断するとみられる。

 東証は19日、システム障害の原因と再発防止に向けた対策を公表した。2015年以降の5年間、機器が故障した際、自動でバックアップ機器に切り替わる機能がオフになっていた。システム障害時の取引再開ルールも整っていなかった。

無断転載・複製を禁じます
1561165 0 経済 2020/10/19 23:12:00 2020/10/20 00:58:25 2020/10/20 00:58:25 システム障害の再発防止策についての記者会見に臨む東京証券取引所の横山隆介常務執行役員(19日午後5時37分、東京都中央区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201019-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)