米司法省、米グーグルを独占禁止法違反の疑いで提訴へ…WSJ報道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)は20日、米司法省が米IT大手グーグルを反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで提訴すると報じた。グーグルが検索や検索広告の分野で独占的な地位を維持するため、競争を阻害する行為に携わったという。

 WSJによると、司法省は、グーグルがインターネット広告で集めた資金を使って、スマートフォンの端末メーカーなどに多額のお金を支払い、ネット閲覧ソフトなどで自社の検索サービスを当初から設定していることを問題視している。スマートフォン用基本ソフト(OS)で競合他社の検索サービスを違法に禁止しているとも主張するという。

 司法省は2019年7月、巨大IT企業に対し、反トラスト法に違反する行為がないかを調査すると発表し、グーグルのシェア(市場占有率)が高い検索やネット広告の分野で調査を進めてきた。

 司法省は1990年代後半、独占的地位を利用して競争を阻害したなどとして、当時、パソコンソフトで圧倒的なシェアをもっていたマイクロソフトを提訴。裁判所が分割命令を出す事態に発展した。今回のグーグルの提訴はマイクロソフト訴訟以来の大規模な反トラスト訴訟になるとの見方が出ている。

無断転載・複製を禁じます
1564023 0 経済 2020/10/20 22:34:00 2020/10/20 23:25:29 2020/10/20 23:25:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ