サムスン会長・李健煕氏死去…早大卒業、韓国最大の財閥創業家2代目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

李健煕氏(ロイター)
李健煕氏(ロイター)

 【ソウル=豊浦潤一】韓国最大の財閥サムスングループ創業家の2代目、李健煕イゴンヒサムスン電子会長が25日、ソウル市内の病院で死去した。78歳だった。積極的な投資と海外進出で、サムスンを世界有数のIT企業に成長させた。

 李健煕氏が2014年5月に急性心筋梗塞(こうそく)で倒れた後、長男の李在鎔(イジェヨン)副会長(52)が事実上のトップとしてかじ取りをしており、サムスンの経営に直ちに大きな影響はないとみられる。

 李健煕氏は、創業者の李秉●(イビョンチョル)氏の三男として韓国南東部で生まれた。少年時代や大学時代に日本に留学した経験を持ち、1965年に早稲田大を卒業した。

 87年に父を継いでサムスングループ会長、98年にサムスン電子会長に就任した。2008年に政官界に裏金を提供した疑惑の責任をとって辞任したが、10年にサムスン電子会長に復帰した。

 1997年のアジア通貨危機の際には自動車など不採算部門を大胆に整理する一方、半導体など成長を見込んだ事業には巨額の投資を行う「選択と集中」の戦略で臨んだ。サムスングループ会長就任後の約25年間でグループの売上高を約30倍、株式時価総額を約300倍に急成長させた。

※●は吉を2つ横に並べた文字

無断転載・複製を禁じます
1575855 0 経済 2020/10/25 10:28:00 2020/10/25 20:38:46 2020/10/25 20:38:46 FILE PHOTO: Samsung's chairman Lee Kun-hee attends the 123rd International Olympic Committee (IOC) session in the coastal city of Durban, July 6, 2011. REUTERS/Siphiwe Sibeko/File Photo https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201025-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ