読売新聞オンライン

メニュー

大塚家具の久美子社長が退任、三嶋恒夫会長が兼務へ…業績不振で引責

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大塚久美子氏
大塚久美子氏

 経営再建中の大塚家具は28日、大塚久美子社長(52)が12月1日付で社長と取締役を退任する人事を発表した。親会社のヤマダホールディングス(HD)社長で大塚家具会長の三嶋恒夫氏(61)が社長を兼務する。大塚氏は、これまでの業績不振の責任を明確にするとして辞任を申し出たという。

 大塚家具は家具の低価格化に十分対応できずに業績が悪化し、2019年12月にヤマダの傘下に入った。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大も重なり、業績の低迷が続いていた。大塚家具は28日、21年4月期の業績予想を発表し、最終利益が28億円の赤字になるとの見通しを明らかにした。最終赤字は5期連続となる。

 大塚氏は09年に社長に就任。来店時に会員登録を行う接客方法などを巡って創業者である父親の勝久氏と対立が深まり、一時は社長を解任された。勝久氏が社長に復帰したが、経営方針の転換を訴えた大塚氏は経営陣らの支持を得て15年に再び社長に就いた。

 大塚氏の退任発表後、東京株式市場では、大塚家具の株式に買い注文が殺到した。値幅制限の上限(ストップ高)にあたる前日比50円高の201円で取引を終えた。

無断転載・複製を禁じます
1583817 0 経済 2020/10/28 12:23:00 2020/10/28 22:54:41 2020/10/28 22:54:41 大塚家具の大塚久美子社長。顔写真。東京都新宿区で。2020年6月19日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201028-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)