読売新聞オンライン

メニュー

かんぽ不適切契約、新たに490人処分…悪質な10人は懲戒解雇

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本郵政グループは28日、傘下のかんぽ生命保険の不適切契約問題を巡り、不正に関与した社員や当時の上司計490人に懲戒処分を行ったと発表した。人事上の処分を受けた社員らは計1707人となった。社員の人事処分は、大半が11月末をめどに完了するという。

 内訳は、実際に不適切販売を行った社員が405人に上った。中でも悪質性の高い10人は懲戒解雇とした。顧客1人に4年間で約90件の契約と解約を繰り返させ、損害額が約1300万円に上ったケースもあったという。

 当時の上司85人も処分を受けた。部下の監督が不十分だったとして大半が訓戒・注意処分となった。指導する社員に暴言を吐くなど精神的苦痛を与えた3人は、パワーハラスメントに認定され、減給処分などを受けた。

 かんぽ生命の保険商品は日本郵便の社員が中心となって販売している。今回の490人はすべて当時日本郵便の社員だった。

 一連の問題を巡っては、保険業法上の法令違反や社内ルール違反が認定された社員は約2600人に上る。調査は現在も続いており、処分者はさらに増える見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
1585480 0 経済 2020/10/28 21:03:00 2020/10/28 21:19:46 2020/10/28 21:19:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)