読売新聞オンライン

メニュー

米は韓国候補を支持、ナイジェリア候補で合意できず…WTO事務局長選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎、ロンドン=池田晋一】世界貿易機関(WTO)は28日、空席となっている事務局長選挙を巡り、非公式会合を開いた。WTOの報道担当者は会合後、米国を除く加盟国・地域がナイジェリア候補のンゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相(66)を支持したと明らかにした。

 オコンジョイウェアラ氏への支持が多数となったことを受け、議長国のニュージーランドなどは同氏を次期事務局長に推薦した。一方、米国は韓国の兪明希ユミョンヒ通商交渉本部長(53)を支持した。決定には加盟国・地域の合意が必要なため、協議を継続する。

 最終候補に残ったオコンジョイウェアラ氏と兪氏はいずれも女性で、就任すればWTO初の女性事務局長となる。28日の会合では、日本や中国、欧州連合(EU)などがオコンジョイウェアラ氏の支持を表明した。

 加盟国・地域は来月9日にも会合を開き、合意を目指す。規定上、投票による決定もできるが、WTOの報道担当者は「合意による決定が加盟国の意向だ」と述べ、全会一致を目指す方針を強調した。ただ、米国が兪氏支持を取り下げなければ、事実上「拒否権」を行使する形となり、協議は難航する可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
1585946 0 経済 2020/10/29 00:41:00 2020/10/29 12:43:03 2020/10/29 12:43:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)