読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ニトリ、島忠にTOB実施と発表…DCMと異例の争奪戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 家具製造販売大手のニトリホールディングスは29日、ホームセンター中堅の島忠に対して株式公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化を目指すと発表した。島忠には同業のDCMホールディングスがすでにTOBを始めており、異例の争奪戦に発展した。

 ニトリは11月中旬から、島忠株を1株5500円で買い付け、全株式の半数以上の取得を目指す。全株を取得した場合の総額は約2100億円になる見通しだ。

 ホームセンターのホーマックなどを運営するDCMは、今月5日から11月16日まで島忠の全株式の取得を目指してTOBを行っている。取得価格は1株4200円で、ニトリが示した価格はこれを1300円上回る。島忠の経営陣は、DCMのTOBに対して賛同する意向を明らかにしているが、今後、ニトリのTOBにどう対応するかが焦点の一つになる。

記者会見するニトリHDの似鳥会長(左)(29日午後、東京都中央区で)=田村充撮影
記者会見するニトリHDの似鳥会長(左)(29日午後、東京都中央区で)=田村充撮影

 ニトリの似鳥昭雄会長は29日、東京都内で記者会見し、買収が成功した後も、島忠ブランドを残す考えを明らかにした。首都圏を地盤とする島忠は家具の販売が強みで、北海道が発祥のニトリとは店舗の出店地域などで補完関係が期待できる。

無断転載・複製を禁じます
1587772 0 経済 2020/10/29 15:49:00 2020/10/29 22:49:53 2020/10/29 22:49:53 ホームセンターの島忠に対し、株式公開買い付けを実施すると発表し、記者会見に臨むニトリホールディングスの似鳥昭雄会長兼CEO(右は白井俊之社長兼COO)(29日午後5時32分、東京都中央区で)=田村充撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201029-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)