読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

オリエンタルランド、511億円の最終赤字見通し…ディズニー休園響き通期では上場後初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オリエンタルランドは29日、2021年3月期の連結業績予想を発表し、最終利益は511億円の赤字(前期は622億円の黒字)を見込んだ。通期決算で最終赤字になれば、1996年の上場後初となる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休園が響いた。

 売上高は前期比60・1%減の1854億円を見込む。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、2月末から約4か月間、臨時休園した。7月の営業再開後も、入園者数を通常の半分以下に抑えており、今年度の入園者数は前年度の3分の1の約950万人を見込む。

 同時に発表した20年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比76・2%減の591億円、最終利益は300億円の赤字(前年同期は430億円の黒字)だった。

 収益改善に向け、混雑状況などに応じてチケット価格を変動させる「ダイナミックプライシング」の導入や、人気アトラクションに優先入場できるファストパスの有料化も検討するという。

無断転載・複製を禁じます
1587884 0 経済 2020/10/29 16:09:00 2020/10/29 19:56:35 2020/10/29 19:56:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)