三菱重、ジェット開発「いったん立ち止まる」…量産化も凍結の見通し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱重工業は30日に発表した2021~23年度の事業計画で、国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)の開発について、「開発状況と市場環境を踏まえ、いったん立ち止まる」と表明した。これに伴い、量産化も凍結する見通しだ。

 スペースジェットの事業化に投入する費用は200億円に圧縮し、18~20年度の3700億円から大幅に減らす。

無断転載・複製を禁じます
1590285 0 経済 2020/10/30 14:14:00 2020/10/30 14:53:21 2020/10/30 14:53:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ