新選組タクシー、土方歳三の生誕地に見参…ゲーム「薄桜鬼」とコラボ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新選組をテーマとした恋愛アドベンチャーゲーム「薄桜鬼はくおうき 真改しんかい」のキャラクターを車体に描いたラッピングタクシーが30日、東京都日野市で運行を始めた。来年10月までの1年間走る。

新選組副長・土方歳三のゲームキャラクターがデザインされたタクシー(30日、日野市で)
新選組副長・土方歳三のゲームキャラクターがデザインされたタクシー(30日、日野市で)

 日野市は、新選組副長・土方歳三の生誕地として、「新選組のふるさと」とPRしている。土方の没後150年だった昨年、市内タクシー会社が、土方の肖像のラッピング車を走らせると好評だったため、今年はゲーム会社の協力を得て新選組のキャラクターを採用することにした。

局長の近藤勇のキャラクター
局長の近藤勇のキャラクター

 運行するのは、市内タクシー会社3社がドアにキャラクターを描いた計9台。運転席側は全車、洋装した土方で、助手席側は局長の近藤勇や日野出身で六番隊組長の井上源三郎ら、和装の隊士がそれぞれ描かれている。

 企画した市シティセールス推進課は、「このタクシーで日野宿本陣など市内の新選組ゆかりの地を巡ってもらうとともに、新型コロナウイルスの影響で、売り上げが落ち込むタクシー会社を支援してもらえれば」と呼びかけている。

乗車するともらえる記念証
乗車するともらえる記念証

 各車両の乗客先着500人には、キャラクターを描いた乗車記念証がプレゼントされる。ラッピングタクシーを指定しての迎車は、通常の迎車料金300円に加え、400円かかる。迎車エリアは日野市と八王子市の一部。タクシーの詳細は、日野市のホームページ(http://www.city.hino.lg.jp/bunka/kanko/seibi/1015417.html)。

無断転載・複製を禁じます
1592568 0 経済 2020/10/31 14:07:00 2020/10/31 17:27:24 2020/10/31 17:27:24 新選組副長・土方歳三のゲームキャラクターがデザインされたタクシー(30日、日野市で)=吉田拓矢撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201031-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ