「レナウン」の民事再生手続き廃止、破産へ…ブランドや子会社売却にめど

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 民間信用調査会社の東京商工リサーチは2日、民事再生手続き中のアパレル大手「レナウン」が東京地裁から再生手続きの廃止決定を受けたと発表した。レナウンはすでに主要ブランドを売却しており、今後は破産手続きに移る見通しだ。

 東商リサーチによると、レナウンは10月30日に東京地裁から民事再生手続きの廃止決定を受けた。約1か月後をめどに破産開始決定を受けるとみられる。

 レナウンは、新型コロナウイルスの感染拡大で百貨店を中心に衣料品の販売が急減した。資金繰りに行き詰まって今年5月、子会社のレナウンエージェンシーが民事再生法の適用を申請した。負債総額は約138億円だった。

 基幹ブランドの「ダーバン」や「アクアスキュータム」などの中核事業は、同業の小泉グループに売却。肌着などを製造・販売する子会社のレナウンインクスの全株式はストッキング大手のアツギに譲渡すると発表している。

 事業譲渡の対象外となったブランドに関係する店舗や売り場の閉鎖も10月末までに完了。主要ブランドや子会社の売却にめどが立ち、レナウンは清算する方針だった。

無断転載・複製を禁じます
1596595 0 経済 2020/11/02 11:46:00 2020/11/02 12:18:31 2020/11/02 12:18:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ