読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】「究極のエコカー」量産へ…トヨタ、燃料電池車の生産能力10倍に強化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は、燃料電池車(FCV)の生産能力を現在の10倍となる年3万台規模に強化する。12月に「MIRAI(ミライ)」を全面刷新して発売することもあり、本格的な量産体制を整えて普及を図る考えだ。

 FCVは水素を燃料とし、走行中には水だけを排出するため「究極のエコカー」と呼ばれる。

新型ミライの試作車(10月19日、静岡県小山町の富士スピードウェイで)=佐野寛貴撮影
新型ミライの試作車(10月19日、静岡県小山町の富士スピードウェイで)=佐野寛貴撮影

 トヨタによると、動力の中心となる燃料電池の生産能力を現行の10倍に増やすことで、バスなどの商用車を含めたFCVの量産体制を整える。

 現行の初代ミライは2014年に世界初の量産FCVとして発売された。ただ、生産能力が年3000台に限られたこともあり販売は伸びていない。19年の国内のFCV乗用車の販売台数は計690台にとどまっていた。

 2代目ミライは、水素をフル充填じゅうてんした際の航続距離を、初代の3割増となる850キロに伸ばした。乗車定員は4人から5人に増やし、使い勝手も向上させた。

無断転載・複製を禁じます
1598512 0 経済 2020/11/03 05:00:00 2020/11/03 09:42:31 2020/11/03 09:42:31 疾走感のあるデザインでFCV普及の起爆剤になると期待される新型ミライ(10月19日午後4時21分、静岡県小山町の富士スピードウェイで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201102-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)