新幹線長崎ルート、JR九州幹部「新大阪直通が重要」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐賀県議会の新幹線問題対策等特別委員会は2日、JR九州の古宮洋二・取締役専務執行役員を参考人招致し、九州新幹線長崎(西九州)ルート・新鳥栖―武雄温泉間の整備について質疑を行った。古宮氏は「整備効果を発揮する上で、新大阪直通が重要なポイントだ」とし、フル規格での整備の必要性を改めて訴えた。

 古宮氏は冒頭、新幹線が地域にもたらす効果に触れ、2011年に全線開業した鹿児島ルートを例に「関西方面との交流人口が拡大した」と説明。長崎ルートの全線フル規格化が「西九州地域の持続的な発展につながる」と述べた。

 質疑では、並行在来線の問題やJRが支払う「貸付料」に関して質問が相次いだが、古宮氏は「人口減少などもあって先が見通せず、今の時点で言及するのは難しい」と具体的な回答を控えた。また、対面乗り換えの長期化について、「22年秋の武雄温泉―長崎間の開業効果が限定的になる」と懸念を示した。

 終了後、古宮氏は報道陣の取材に「並行在来線は地域にとって重要な課題。必ずしも(JRからの)経営分離を前提とせず、県と国土交通省の協議でフル規格のめどが立ったタイミングで、県と話をしたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1599053 0 経済 2020/11/03 14:01:00 2020/11/03 14:31:36 2020/11/03 14:31:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ