読売新聞オンライン

メニュー

マネロンやテロ資金に使わせない…シンガポール、高額紙幣の新規発行を停止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=山村英隆】シンガポールの中央銀行にあたる金融通貨庁(MAS)は3日、来年1月1日から1000シンガポール・ドル(約7万7000円)札の新規発行を停止すると発表した。マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金に使われるのを防ぎ、キャッシュレス化も進める。

 すでに流通している1000ドル札は引き続き使用できる。高額紙幣を使えば個人が匿名で多額の資金を移すことが可能になるため、MASは1000ドル札の発行停止は世界的な流れに沿った対応と説明している。

 インドも2016年、脱税や不正蓄財の防止、偽札の根絶を目的に一部の高額紙幣を廃止している。

無断転載・複製を禁じます
1599327 0 経済 2020/11/03 19:55:00 2020/11/03 20:19:52 2020/11/03 20:19:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)