読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米の10月失業率6・9%、6か月連続で改善

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米労働省が6日発表した10月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率は6・9%で前月(7・9%)より1・0ポイント低下した。新型コロナウイルスの感染拡大により戦後最悪の14・7%を記録した4月を底に、6か月連続で改善した。ただ、感染拡大前の3%台半ばと比べて約2倍の高水準で、厳しい雇用情勢が続いている。

 市場予想は7・7%程度だった。景気動向を反映する非農業部門の就業者数は前月比約64万人増で、前月(約67万人増)より改善ペースが鈍化した。

 レイオフ(一時解雇)となった人が復職する動きが続き、失業者数は4月の2300万人から大幅に少ない1100万人超となった。実際には、失業者として計上されない職探しをあきらめた人も多く、新型コロナの感染再拡大や大統領選を巡る混乱などで、雇用環境の改善が今後も続くかは不透明だ。

無断転載・複製を禁じます
1608150 0 経済 2020/11/06 22:50:00 2020/11/06 22:58:16 2020/11/06 22:58:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)