読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国「独身の日」セール、取引額は大手2社だけで12兆円…海外ブランド爆買いが押し上げる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「独身の日」のセールで、アリババ集団の1~11日の取引額は4982億元(約7兆9000億円)だった(12日午前0時、浙江省杭州で)=小川直樹撮影
「独身の日」のセールで、アリババ集団の1~11日の取引額は4982億元(約7兆9000億円)だった(12日午前0時、浙江省杭州で)=小川直樹撮影

 【杭州(中国浙江省)=小川直樹】中国で「独身の日」と呼ばれる11日まで、インターネット通販各社が実施した値引きセールが12日午前0時(日本時間12日午前1時)に終了した。セール期間中の取引額は大手2社だけで12兆円を超えた。

 1~11日の取引額は、最大手アリババ集団が4982億元(約7兆9000億円)、業界2位の京東集団(JDドットコム)は2715億元(約4兆3000億円)に上った。

 セールは中国では「双11(ダブルイレブン)」と呼ばれ、アリババが2009年に始めた。11月11日の1日だけセールをしていたアリババは今年、期間を1~11日に延長した。取引額は19年11月11日に記録した2684億元が最高だったが、11日間で大幅に上回った。

 新型コロナウイルス感染拡大後の巣ごもり消費を取り込んだほか、海外旅行を断念した消費者による海外ブランドの「爆買い」も全体を押し上げた。ただ、需要の先食い懸念は根強く、実店舗の売り上げに影響を与える可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
1619481 0 経済 2020/11/12 01:21:00 2020/11/12 11:03:47 2020/11/12 11:03:47 「独身の日」のセールで、アリババ集団の1~11日の取引額は4982億元(約7兆9000億円)だった(12日午前0時、浙江省杭州で)=小川直樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201112-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)