読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新たな「ポケふた」お目見え…通行人も「かわいい」と歓声

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人気ゲームソフト「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターをデザインしたマンホールの蓋「ポケふた」が今月、北海道内4市町で新たに1枚ずつ設置され、道内で計19か所となると道が2日、発表した。

4市町の「ポケふた」をPRするロコンとアローラロコン(札幌市で)
4市町の「ポケふた」をPRするロコンとアローラロコン(札幌市で)

 ポケふたは任天堂の関連会社「ポケモン」(東京都港区)が地域活性化のため、全国の自治体に寄贈している。今回、道内から苫小牧市、三笠市、上富良野町、剣淵町の4市町が選ばれた。上富良野町ではかわいいキャラクターとともにラベンダー畑をあしらうなど、各地の特色を反映したデザインとなっている。

 2日には、札幌市の道庁赤れんが庁舎前で4枚が披露された。道が魅力PRのために任命している「北海道だいすき発見隊」のキャラクター「アローラロコン」と「ロコン」も登場。通行人は「かわいい」と歓声を上げ、写真に収めていた。

 道の中野祐介副知事は「ポケモンは世界的なキャラクター。多くの人に見てもらい、地域活性化につながれば」と期待を寄せた。

無断転載・複製を禁じます
1619713 0 経済 2020/11/12 07:31:00 2020/11/12 11:03:53 2020/11/12 11:03:53 お披露目された4市町の「ポケふた」をPRするロコンとアローラロコン(2日午前11時12分、札幌市で)=長谷裕太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201112-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)