エアアジア・ジャパン、破産手続き開始の申し立て

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 事業継続を断念した格安航空会社「エアアジア・ジャパン」が17日、東京地裁に破産手続き開始の申し立てを行ったと発表した。コロナ禍の影響で国内の航空会社が破産手続きに入るのは初めて。

 エアアジア・ジャパンの負債総額は約217億円。航空券の代金が返金されていない債権者は2万3400人以上、未返金総額は5億2100万円に上り、弁済の見通しが立っていないという。保全管理人の弁護士は、主要株主のエアアジア・グループや楽天など5社に支援を求める考えを示した。

 同社は国土交通省に10月、全4路線を12月5日付で廃止すると届け出ていた。

無断転載・複製を禁じます
1633244 0 経済 2020/11/17 17:18:00 2020/11/17 21:25:32 2020/11/17 21:25:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ