来春卒業の大学生、就職内定率69・8%…コロナで5年ぶり70%割れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来春卒業する大学生の就職内定率(10月1日現在)は69・8%で、前年同期比7・0ポイント減だったことが17日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。同時期の内定率が70%を切るのは2015年以来、5年ぶり。リーマン・ショック後の09年(7・4ポイント減)に次ぐ下げ幅だった。文科省は「新型コロナウイルスの流行で、企業に採用を抑制・中止する動きが広がった」としている。

 調査は、全国の国公私立大62校から就職を希望する学生4770人を抽出し、推計した。男子は68・8%(前年同期比7・3ポイント減)、女子は70・9%(同6・7ポイント減)。文系は68・7%(同7・5ポイント減)、理系は74・5%(同4・8ポイント減)で、理系が比較的高かった。

 地域別では、関東74・4%(同6・1ポイント減)、近畿71・5%(同8・1ポイント減)、中部67・9%(同6・5ポイント減)、九州64・4%(同2・5ポイント減)、北海道・東北64・2%(同10・3ポイント減)、中国・四国59・7%(同10・4ポイント減)の順だった。

 短大は27・1%(同13・5ポイント減)、高専は93・8%(同2・4ポイント減)、専修学校は45・5%(同14・9ポイント減)だった。

 近年は好景気で学生優位の「売り手市場」が続き、同時期の大卒内定率は、18年に77・0%で過去最高を記録した。リクルートキャリア就職みらい研究所(東京)の増本全所長は「業種によって差はあるが、若い人材が足りない状況は変わらず、全体で見ると劇的には悪化していない。企業の採用日程が遅れた影響もあるので、内定率は今後、前年の水準にある程度近づくだろう」との見方を示した。

無断転載・複製を禁じます
1634100 0 経済 2020/11/18 00:10:00 2020/11/18 00:29:00 2020/11/18 00:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ