NYダウ終値、167ドル安…当面の利益確保へ売り優勢

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】17日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比167・09ドル安の2万9783・35ドルだった。値下がりは3営業日ぶり。

 新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、前日に終値としての最高値を約9か月ぶりに更新したことで、当面の利益を確保する売り注文が優勢だった。

 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は24・79ポイント安の1万1899・34だった。

無断転載・複製を禁じます
1634344 0 経済 2020/11/18 06:55:00 2020/11/18 09:59:48 2020/11/18 09:59:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ