郵便局で318人分の投資信託書類を紛失…誤って廃棄か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本郵便は18日、千葉や群馬など4県の郵便局で顧客318人分の投資信託の購入記録などが記載された書類を紛失したと発表した。社内規定で10年間保管すると定めているが、誤って廃棄した可能性が高いという。

 紛失したのは、郵便局で投資信託や国債を販売した際に作成する「金融商品仲介補助簿」。松戸(千葉県)、富岡(群馬県)、防府新田(山口県)、草加新栄(埼玉県)の4局の2009~15年度の取引で紛失があった。現時点で社外への情報流出や被害の申し出は確認されていない。今後、全国の郵便局で保管状況を調べる。

無断転載・複製を禁じます
1636260 0 経済 2020/11/18 20:48:00 2020/11/18 21:35:22 2020/11/18 21:35:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ