アイリスオーヤマ、「N95」マスクを国内生産へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アイリスオーヤマは19日、新型コロナウイルスの感染拡大で不足する恐れがある医療用高機能マスク「N95」を、2021年秋から角田工場(宮城県角田市)で生産すると発表した。月1万枚の生産を目指す。

 同工場では、除菌用ウェットティッシュも月100万個を作る計画だ。投資額は約10億円を見込んでいる。これまでは、中国の協力工場で生産したN95を輸入してきた。政府の補助金も活用して、新たに国内生産を始める。

 アイリスオーヤマは、飛散防止などの効果が高い不織布のマスクも、7月から角田工場で生産している。

無断転載・複製を禁じます
1639508 0 経済 2020/11/19 19:26:00 2020/11/19 19:47:44 2020/11/19 19:47:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ