トヨタ、中国主導で開発の中型セダン初披露…広州モーターショー開幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【広州=小川直樹】国際自動車展示会「広州モーターショー」が20日午前、広州で開幕した。トヨタ自動車が中国主導で開発した中型セダンを初めて披露するなど世界初公開は38台に上り、熱い視線を集めた。

大勢の関係者らが注目する中、開幕した「広州モーターショー」(20日午前9時16分、広東省広州で)=片岡航希撮影
大勢の関係者らが注目する中、開幕した「広州モーターショー」(20日午前9時16分、広東省広州で)=片岡航希撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、世界の有力モーターショーは相次いで開催の中止や延期に追い込まれている。感染拡大が抑制されている中国では、北京モーターショーが規模を縮小しながらも、例年より5か月遅れで9月下旬から10月初旬に開かれた。広州モーターショーは展示車両は約980台とほぼ前年と同規模で、日程も予定通りでの開催となった。

 中国の新車販売は4月以降、前年を上回って推移し、中国経済の回復を象徴する存在となっている。

無断転載・複製を禁じます
1641212 0 経済 2020/11/20 12:46:00 2020/11/20 13:21:10 2020/11/20 13:21:10 開幕し、大勢の人でにぎわう広州モーターショー(20日午前9時16分、広東省広州で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201120-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ