コンビニ売上高4・3%減、「外出控え」で来店客数10・5%減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本フランチャイズチェーン協会は、10月の全国コンビニエンスストア売上高(既存店ベース)が前年同月比4・3%減の8731億円だったと発表した。たばこ税増税前の駆け込み需要があった9月(3・0%減)から減少幅が拡大した。マイナスは8か月連続。

 新型コロナウイルス感染拡大で外出を控える動きが続いており、来店客数は10・5%減だった。1回の買い物でいくら使ったかを示す平均客単価は6・9%増だった。生鮮食品や総菜、冷凍食品、マスクなどの衛生用品の売れ行きは引き続き好調だった。

無断転載・複製を禁じます
1641470 0 経済 2020/11/20 14:16:00 2020/11/21 21:55:59 2020/11/21 21:55:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ