JTB、6500人削減へ…22年4月入社の新卒採用見送り・店舗網も大幅縮小

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大規模な構造改革策を発表するJTBの山北栄二郎社長(20日、東京都内で)=中村徹也撮影
大規模な構造改革策を発表するJTBの山北栄二郎社長(20日、東京都内で)=中村徹也撮影

 旅行業界最大手のJTBは20日、2022年3月期までに、グループ従業員約2万9000人の2割超にあたる約6500人を削減する構造改革策を発表した。国内外の店舗網も大幅に縮小する。新型コロナウイルスの感染拡大で旅行需要が激減し、業績が急速に悪化しているためだ。

 20日発表した20年9月中間連結決算は、最終利益が781億円の赤字(前年同期は43億円の黒字)だった。過去最大の赤字となる。21年3月期の業績予想は経常利益の見通しのみ公表し、1000億円の赤字(前期は25億円の黒字)を見込む。

 構造改革の柱となるのは人件費の削減で、早期退職を拡充するほか、22年4月入社の新卒採用は見送る。早期退職は40歳以上が対象。募集人数は今後詰める。

 こうした取り組みと定年退職に伴う自然減などを合わせ、計6500人を減らす。従業員の年収や役員報酬は、一時的にそれぞれ3割程度のカットを見込む。

 また、国内約480店舗(19年度)のうち115店舗を削減し、世界各地に約340ある支店・営業所は190以上を閉鎖する。

 20日、東京都内で記者会見した山北栄二郎社長は、「人材は会社の財産なので(削減は)断腸の思いだ」と述べた。

 旅行業界は新型コロナの直撃を受け、業績が大幅に悪化している。近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT―CTホールディングスは11日、希望退職などでグループ従業員約7000人の3分の1を25年3月までに削減すると発表した。

無断転載・複製を禁じます
1642004 0 経済 2020/11/20 17:14:00 2020/11/20 22:06:45 2020/11/20 22:06:45 9月中間連結決算を発表するJTBの山北栄二郎社長(20日、東京都内で)=中村徹也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201120-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ