NYダウ終値、初の3万ドル…政権移行作業とワクチン開発の進展で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】24日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)は大幅に値上がりし、初めて3万ドルの大台に乗せて取引を終えた。終値は前日比454・97ドル高の3万46・24ドルだった。

 米大統領選で勝利を確実にしたジョー・バイデン前副大統領への政権移行作業が前進し、不透明感が和らいだことに加え、新型コロナウイルスのワクチン開発も進展しており、停滞する経済活動が回復に向かうとの思惑が強まった。

 ダウ平均は1999年3月に初めて1万ドルの大台に乗せた。リーマン・ショック後の2009年3月には6000ドル台まで下落したが、その後、持ち直した。経済を重視するトランプ米大統領が就任した17年1月に2万ドルの大台を突破していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1650821 0 経済 2020/11/25 06:15:00 2020/11/25 09:23:52 2020/11/25 09:23:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)