吉野家、都内200店で酒類の提供休止

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都が酒類を提供する飲食店に営業時間の短縮を要請したことを受けて、牛丼チェーンの吉野家は26日、ビールなど酒類の提供を終日やめると発表した。東京都内の約200店が対象で、28日から12月17日まで。

 営業時間は原則、変更しない。「行政の要請に応えながら、食事を必要とする客と従業員の安全に配慮したい」としている。

 一方、ファミリーレストラン「ガスト」や「ジョナサン」などを展開するすかいらーくホールディングス(HD)は、東京都内にある約600店について、営業時間を午後10時までに短縮する。多くの店舗が午後11時半閉店だった。

 宅配や持ち帰りについては、原則、通常の最終受付時間は変更しない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1655789 0 経済 2020/11/26 21:08:00 2020/11/26 22:07:40 2020/11/26 22:07:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)