読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日銀 総資産690兆円…9月中間 過去最高 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

保有ETF増 懸念も

 日本銀行が26日発表した2020年9月中間決算によると、9月末の総資産額は前年同期比21・1%増の690兆269億円で、過去最高を更新した。新型コロナウイルス感染拡大への対応で金融緩和を強化したためだ。ただ、上場投資信託(ETF)の購入増は市場機能をゆがめると懸念する声も出ている。

 総資産のうち、国債は10・5%増の529兆9563億円だった。企業の資金繰り支援策で金融機関への資金供給が増えたため、貸出金は2・2倍の104兆8956億円に上った。ETFは24・5%増の34兆1861億円だった。10月末時点では34兆7717億円に増えている。

 日銀は大規模な金融緩和策の一環で、東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価などの株価指数に連動したETFを購入している。感染拡大への懸念で株式市場が不安定化した3月には、ETFの購入枠を年6兆円から年12兆円へ拡大した。

 ETFを買うと相場を押し上げる効果があるため、市場で日銀の存在感は増している。9月末の保有額を時価ベースでみると40兆4733億円で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の国内株式の保有額約41兆円に迫る規模だ。

 日銀が間接保有で大株主になっている企業も多い。ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストの試算では9月末時点で日銀が10%以上の株式を保有する企業は70社だ。井出氏は「本来の株価を決める機能がゆがめられている可能性がある」と指摘する。

 ETFの買い入れについて、黒田東彦はるひこ総裁は「市場の不安定な動きを緩和する効果があった」と説明する。ただ、金融緩和から転換する際にETFを売却すれば株価の下押し要因となるため実際の売却は難しいとの見方が強い。株式相場が大きく下落して含み損が発生すれば引当金の計上が必要となり、日銀の財務の悪化につながるとの懸念もある。

無断転載・複製を禁じます
1656203 0 経済 2020/11/27 05:00:00 2020/11/27 08:40:08 2020/11/27 08:40:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201127-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)