読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

EV内でリモートワーク、ATM備えた「移動店舗」車も…コロナで変わる車業界

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で揺れた自動車業界が、いち早く回復に向かっている。東日本大震災など、度重なる災害を乗り越えた経験が、逆境を切り抜ける力になっている。新しい生活様式を見据え、生き残りを目指す動きを追った。

車内オフィス、EVにさらなる可能性

電気自動車(EV)「Honda e」
電気自動車(EV)「Honda e」

 車や電車、バスに乗って職場に通う。そんな日常は、新型コロナウイルスの感染拡大で一変した。感染を防ぐため、在宅勤務やリモートワークといった職場の分散化が進む。

 ホンダで電装品の設計を手がける黒川博之さん(44)は、作業に集中したい時、10月に発売した電気自動車(EV)「Honda イー」に足を運ぶ。

 周囲の話し声で気が散ることはない。家庭と同じ100ボルトの電源やWi―Fi(ワイファイ)を備えており、オンライン会議やパソコンを使った作業に支障はない。

 移動もできる。EVなのでエンジン音はしない。黒川さんは「気分転換のため、見晴らしの良い場所に出かけ、そこで働くこともできる」と話す。

 優れた環境性能が注目を集めるEVだが、コロナ禍で、さらなる追い風が吹く可能性が出てきた。「e」の開発責任者を務める一瀬智史シニアチーフエンジニアは力を込める。

 「単なる移動手段にとどまらない価値を追い求めていきたい。EVは時流に合っている」

軽自動車のキャンピングカー、1年待ちも

 寝室やキッチンを備えたキャンピングカーの人気も高まっている。

9月に開かれたキャンピングカーのイベントには、3日間で約1万1300人が訪れた(9月19日、千葉市の幕張メッセで)
9月に開かれたキャンピングカーのイベントには、3日間で約1万1300人が訪れた(9月19日、千葉市の幕張メッセで)

残り:879文字/全文:1763文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1676489 0 経済 2020/12/05 10:01:00 2020/12/05 10:01:00 2020/12/05 10:01:00 9月開催の東京キャンピングカーショー。3日間で約1万1300人が訪れ、人気ブース前には来場者が間隔を空けて列を作った(9月19日午後4時19分、千葉市の幕張メッセで)=下里雅臣撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201130-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)