月額2200円のNHK受信料「特に負担感ある」…総務相、早急な値下げ求める意見書

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は1日、NHKの受信料について、早急な値下げを求める武田総務相の意見書を、国会に報告した。コロナ禍での家計負担の軽減につなげるためだ。給与水準の見直しといった経費削減策についても、徹底的に取り組むよう求めた。

給付金詐取の男、口ぐせは「一獲千金」…最新の話題に敏感「知識は武器だ」

 意見書では、月額約2200円に上る衛星放送を含めた受信料について、「特に負担感がある」と批判。その上で「国民・視聴者の期待に応えられるよう、早急に見直しを行うことが強く求められる」と指摘した。

 業務の肥大化が懸念される中、子会社のあり方も抜本的な見直しを進めるべきだと強調した。衛星やラジオの放送波を削減する時期や方法を早期に具体化し、こうした改革方針をNHKの次期中期経営計画に反映させることを強く求めた。

 NHKが収入のほぼ全てを国民からの受信料でまかないながら、「内部留保」にあたる繰越剰余金が1280億円に上る点にも触れ、受信料の早急な見直しを繰り返し要求した。

 武田総務相は1日の閣議後記者会見でも「公共放送として国民・視聴者に何ができるか、真剣に検討していただきたい」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1668114 0 経済 2020/12/01 22:37:00 2020/12/01 23:20:25 2020/12/01 23:20:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)