【独自】トヨタ労組、春闘ベア要求を8年ぶり見送りへ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車労働組合(組合員約6万9000人)が2021年春闘で、基本給を底上げするベースアップ(ベア)の要求を、8年ぶりに見送る方向で調整に入ったことが明らかになった。自動運転や電動化などを巡る開発競争が激化していることに加え、新型コロナウイルスの感染が世界的に再拡大していることなどを踏まえたとみられる。

J1のG大阪―広島戦が中止、広島で複数のコロナ陽性…代替日は未定

 トヨタの賃金はすでに高水準にあることから、働き方改革などに交渉の軸足を移し、経営側から最大限の回答を引き出す狙いもありそうだ。トヨタ労組は、21年春闘の方針を来年1月に組合員へ提示し、2月上旬ごろ正式決定する見通し。

 トヨタは20年春闘で、7年ぶりにベアの実施を見送った。21年春闘で労組側が要求を見送れば、2年連続で「ベアゼロ」となる公算が大きい。トヨタは21年3月期連結決算で、最終利益が前期比30・3%減の1兆4200億円になるとの見通しを示している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1668351 0 経済 2020/12/02 05:00:00 2020/12/02 05:05:15 2020/12/02 05:05:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)