読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】地球にやさしい「水素航空機」開発、経産省が国内企業を後押し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

エアバスが2035年の実用化を目指す水素燃料の「ゼロエミッション航空機」(エアバス提供)
エアバスが2035年の実用化を目指す水素燃料の「ゼロエミッション航空機」(エアバス提供)

 経済産業省は、水素を燃料とする次世代航空機の開発に向け、国内の関連メーカーに資金支援する方針を固めた。世界的に「脱炭素」が広がる中、二酸化炭素(CO2)の排出量の少ない航空機の実用化を見据え、日本企業の競争力向上を図る。

エンジン開発に補助金

 菅首相は2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標に向け、環境分野に投資する企業への支援策として2兆円の基金を創設する意向を表明している。資金はこの基金から拠出する方向だ。

 水素航空機は液体水素を燃料とし、CO2を排出しない。液体水素はマイナス250度以下と極めて低温のため、大容量で耐久性の高い貯蔵タンクが必要になる。専用エンジンも不可欠で、これらの開発には多額の費用がかかる。

 国内には欧州エアバスや米ボーイングのような完成機メーカーはないが、エンジンを含む主要部品を三菱重工業やIHI、川崎重工業などが手がける。こうした企業が水素航空機用の部品を開発する際、費用の一部を補助する。

残り:278文字/全文:842文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1682485 0 経済 2020/12/07 15:00:00 2020/12/07 15:33:46 2020/12/07 15:33:46 エアバスが2035年の実用化を目指す世界初の水素燃料の「ゼロエミッション航空機」(同社提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201207-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)