読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京ドームTOBに「応募」、最大株主の香港ファンドが表明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三井不動産は8日、同社が実施中の東京ドームに対する株式公開買い付け(TOB)に、最大株主の「オアシス・マネジメント」が応募する意向を表明したと発表した。オアシスは東京ドーム株を10%弱保有する香港の投資ファンド運営会社。三井不動産はオアシスと応募契約の締結に向けた協議を始める。

 発表によると、三井不動産は7日、読売新聞グループ本社、オアシスと3社でTOBについて協議した。オアシスがTOBに賛同し、所有する東京ドーム株すべてを、三井不動産が設定した公開買い付け価格(1株1300円)で応募する意向を示したとしている。

 オアシスはその上で、「関連条項について合意が成立し、内部的な承認手続きが完了することを条件に、三井不動産との間でTOBへの応募契約を締結する用意がある」と伝えたという。三井不動産は「オアシスの協力に感謝する」とのコメントを出した。

 三井不動産は東京ドームの完全子会社化を目指して、来年1月18日までTOBを実施している。読売新聞はTOB完了後、三井不動産から東京ドーム株20%を取得する形で買収に参画する予定だ。

 オアシスは東京ドームの長岡勤社長ら3人の取締役の解任を求めて同社と対立しており、対応が注目されていた。

無断転載・複製を禁じます
1686278 0 経済 2020/12/08 20:26:00 2020/12/08 21:32:41 2020/12/08 21:32:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)