読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京都、30年までにガソリン車販売ゼロに…国に先んじて目標達成目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都の小池百合子知事は8日、都内で販売される全ての新車の乗用車を、2030年までに脱ガソリン車とする目標を掲げると表明した。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの「電動車」へと替え、二輪車についても35年までの移行を目指す。

 同日開かれた都議会の代表質問で明らかにした。脱ガソリン車を巡っては、経済産業省が30年代半ばに国内販売の全ての新車を電動車にすることを目指している。都は先んじて目標を達成し、こうした流れを牽引けんいんしたい考えだ。

 都は電動車によるレース開催などで脱ガソリン車導入の機運醸成も図る。小池知事は「新たな産業革命とも言える自動車のゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)化を強力に推し進める」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1687145 0 経済 2020/12/09 07:38:00 2020/12/09 07:43:34 2020/12/09 07:43:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)