読売新聞オンライン

メニュー

「13人抜き」で頭取に半沢氏…三菱UFJ銀、「半沢直樹」原作者と同期

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

三菱UFJ銀行の頭取に就く半沢淳一氏
三菱UFJ銀行の頭取に就く半沢淳一氏

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、傘下の三菱UFJ銀行の頭取に半沢淳一取締役常務執行役員(55)を昇格させる人事を固めた。2021年4月に就任する。三毛兼承かねつぐ頭取(64)が就任から約4年となり、経営の若返りを図る。三毛氏はMUFGの会長に就く。

 近く、MUFGの社外取締役らで構成する「指名・ガバナンス委員会」に人事案を提示する。同委が了承すれば、取締役会で正式に決める。計13人いる副頭取と専務を抜く異例の人事となる。

 半沢氏は旧三菱銀行に1988年に入行し、経営戦略を練る企画部門で要職を歴任、次期頭取の有力候補とみられていた。人気小説シリーズ「半沢直樹」の作者である池井戸潤氏は同期入行だった。

      ◇

 半沢淳一氏(はんざわ・じゅんいち)88年東大経卒、三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行。19年6月から取締役常務執行役員。埼玉県出身。

無断転載・複製を禁じます
1720535 0 経済 2020/12/22 19:15:00 2020/12/22 21:04:43 2020/12/22 21:04:43 三菱UFJ銀行の頭取に就く半沢淳一氏 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201222-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)