読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

再発令方針で円買う動き、東京円41銭高の1ドル=102円91~93銭

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4日の東京外国為替市場の円相場は、午後5時、前営業日の昨年12月30日(午後5時)比41銭円高・ドル安の1ドル=102円91~93銭で大方の取引を終えた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、菅首相が1都3県に緊急事態宣言を再発令する方針を表明し、比較的安全な資産とされる円を買う動きが優勢となった。一時は1ドル=102円85銭前後と、約10か月ぶりの円高水準をつけた。

 対ユーロでは、同53銭円高・ユーロ安の1ユーロ=126円20~24銭で大方の取引を終えた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1746545 0 経済 2021/01/04 17:58:00 2021/01/04 20:30:55 2021/01/04 20:30:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)