読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界の経済成長率、今年4・0%増…「回復基調は脆弱」と世銀が警戒感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】世界銀行は5日、2021年の世界全体の経済成長率が前年比4・0%増になるとの見通しを発表した。新型コロナウイルスの感染再拡大などを踏まえ、前回の昨年6月時点より0・2ポイント下方修正した。22年は3・8%増と持ち直しが続くと見込むが、「回復基調は脆弱ぜいじゃくだ」と警戒感を強調した。

 21年の国・地域別の成長率は、米国は前回より0・5ポイント低い3・5%増、ユーロ圏は0・9ポイント低い3・6%増と見込んだ。日本は2・5%増とし、見通しを変えなかった。中国は1・0ポイント高い7・9%増と高成長を予測した。

 見通しは、ワクチンが21年中に先進国や中国、ロシアなどで普及することを前提にした。ただ、不確実性は高いとし、普及が遅れた場合、21年の世界経済の成長率は1・6%増にとどまると試算した。短期間に行き渡れば、5%増近くに上振れする可能性があるとの見方も示した。

 20年の世界経済の成長率は、中国の回復が想定以上だったことなどを反映し、前回より0・9ポイント高い4・3%減と推計した。統計を遡ることができる1961年以降で最悪だったリーマン・ショック後の09年(1・7%減)を大幅に下回る。

無断転載・複製を禁じます
1750119 0 経済 2021/01/06 01:05:00 2021/01/06 01:05:00 2021/01/06 01:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)