読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】コロナ禍で高まる需要、ウイスキー出荷制限を11年ぶり緩和…サントリー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サントリーホールディングス(HD)は、2010年から続けてきたウイスキーの大半の商品を対象にした出荷制限を11年ぶりに緩和する方針を決めた。ハイボールブームで原酒の生産が追いつかない状態に陥ったが、生産や貯蔵設備の増強で増産が可能になった。コロナ禍で需要が高まる家庭向けを含め段階的に供給量を拡大する。

ウイスキー人気を背景に売り場には様々なメーカーの商品が並ぶ(2日、東京・銀座の松屋銀座で)
ウイスキー人気を背景に売り場には様々なメーカーの商品が並ぶ(2日、東京・銀座の松屋銀座で)

 ウイスキー市場は、バブル崩壊後の贈答用需要の減少に加え、焼酎やワインといった酒の多様化が進んだ影響で、出荷量はピーク時(1983年)の約38万キロ・リットルから2008年には2割程度まで落ち込んだ。サントリーもこれに合わせて生産設備を縮小してきたが、同年にウイスキーをソーダ水で割るハイボールによる販売促進を仕掛けたところ大ブームとなった。

 ウイスキーは10年単位の熟成を経た複数の原酒をブレンドするため、出荷量を短期間に増やすことが難しい。ハイボールブームによって原酒が不足気味となり、将来の安定供給がおぼつかなくなったため、10年以降は出荷量を抑えてきた。

残り:457文字/全文:1032文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1752493 0 経済 2021/01/07 05:00:00 2021/01/07 05:55:20 2021/01/07 05:55:20 様々なメーカーの商品が並ぶウイスキー売り場(2日、東京都中央区の松屋銀座で)=高橋美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210106-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)