読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スキーリゾートで「ワーケーション」いかが…軽トラ改造しオフィスに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新潟県妙高市などは、リゾート地に滞在しながら仕事をする「ワーケーション」の実用化に向け、荷台を仕事場に改造した軽トラックを貸し出す実証実験を12日に始める。

軽トラの荷台を改造したオフィス(昨年12月25日、妙高市役所で)
軽トラの荷台を改造したオフィス(昨年12月25日、妙高市役所で)

 官民連携による政策立案組織「みょうこうミライ会議」で提案された企画。軽トラの荷台に取り外しが可能なオフィスを設置し、Wi―Fi(ワイファイ)や電源、机などを整えたことで、移動式オフィスとなった。スキーやスノーボード客の利用を見込んでおり、実験ではスキー場の寒さにオフィスが対応できるかや、スキー客以外の需要も調査する。

 昨年12月25日には、実験に参加する企業と市の覚書調印式が開かれた。軽トラの改造や市への貸し出しを担うダイハツ工業(大阪府)の谷本敦彦コーポレート本部副本部長は「実証実験が新しい働き方の入り口になる」と話した。入村明市長は「コロナ禍で今までの仕事のありようが完璧に変わった。地域の持っている全てを出し切り、新たな時代の着実な一歩を踏みしめていきたい」と語った。

 実証実験は3月31日までで、利用料金は6時間プランが税込み2420円、12時間プランが2635円、24時間プランが4070円。市内のレンタカー事業者を通じて予約する。

無断転載・複製を禁じます
1761911 0 経済 2021/01/11 09:30:00 2021/01/11 11:31:48 2021/01/11 11:31:48 軽トラの荷台を改造したオフィス(12月25日午後3時30分、妙高市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)