読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国のネット検索大手・百度が電気自動車事業に参入…業種の壁越え競争激化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小川直樹】中国インターネット検索大手・百度(バイドゥ)は11日、電気自動車(EV)事業に参入すると発表した。中国自動車大手・浙江吉利控股集団と合弁の新会社「百度汽車」を設立する。脱炭素社会に向けた機運が高まり、米アップルもEV参入が報じられている。業種の壁を越えた競争が一段と激化しそうだ。

 バイドゥは検索事業が頭打ちとなり、人工知能(AI)の研究・開発に力を入れている。2017年からは国内外の企業と連携して自動運転技術を開発する「アポロ計画」を主導。提携先の自動車メーカーに自動運転技術を提供したり、中国各地で自動運転タクシーの試験運行サービスを展開したりしている。

 新たに設立する百度汽車は、バイドゥの自動運転技術と、吉利の持つ自動車製造のノウハウを組み合わせ、EVの生産・販売などを手がける。バイドゥは「次世代スマート自動車を共同で創出する」と強調している。

 中国政府は昨年、25年までに新車販売に占めるEVなどの新エネルギー車の割合を20%前後に引き上げる計画を発表。中国の専門家団体は、高速道路限定など条件付きながら、自動運転車の割合を25年までに50%にする目標を示している。

無断転載・複製を禁じます
1762655 0 経済 2021/01/11 20:32:00 2021/01/11 20:32:00 2021/01/11 20:32:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)